2017.02.08.
STOCK状況

週末はご来店ありがとうございました。

ensouはストライプが完売しておりまして、コニャックはまだ数点ストックがございます。
やはりプライスがこれまでのensouにしては、、、って感じではございますが気になっている方も多いはず。
その気になったらご連絡いただければと思います。

そしてマジ半分、ギャグ半分で作ったA LOVE MOVEMENTのパロディージャージ。
シリアスで歴史的で職人肌をヴィジュアルでも表現したような服が流行の今、
こういうおふざけに転じるのは空を切る行為かなと諦めていました。
しかしウケたので逆にズッコケましたが、まだ赤サブのみお店にございます。
後ろ指差される服な上 超高額ですが、ジョークで着れる富豪の方、
シャレの通じる金持ちとして一枚いかがでしょうか。もっとモテますよ。


現在お店は通常営業中。
propositionも到着しましたので、11(土)よりリリースします。

梅雨時期まで着用可能なあくまで"SHIRTS"として考えていますから、数量もかなり買い込んでいますよ。
金曜日までにまた詳しくブログを書きますね。




2017.02.03.
ensou

予定通り明日(土)よりお店を再開します。
ご用意できるのはensouのみですが、毎回爆発的人気を誇るモデルですので、
嬉しい方も多いのではないでしょうか。

L1001392.jpg
Vampired shirt.
material / Cotton 100%
color / Cream × Navy
size / S , M , L
price / ¥43,200-(in tax)

Ribbon、Messyに続き近年定番化されたVampiredシリーズ。
通常第3ボタンあたりまで胸元がさりげなくVに開くことから、人によってはタンクトップとのレイヤーは必須。
ソリッドなカフスや、ユニークなボタンの配置など、ensouらしさのあるコミカルなドラキュラシャツに仕上がっています。

L1001394.jpg

ホワイトベースにネイビーの線が走るピンスト生地は、ensouオリジナルによるもの。
ピンスト自体、ensouのデザインとの相性は昔から良いですよね。
ゲンズブールやボウイなど、デザイナーのバックボーンが良く表れています。

L1001396.jpg

これ。こういう何でもない箇所にオモチャ箱を配置してくれるって言うのかな。
効いてますよね。

L1001398.jpg

レユッカスやAMYなど、オーセンティックなデザインやモダンなジュエリーとの相性が良さそうですよ。


L1001417.jpg
Vampired shirt.
material / Silk 50% Cotton 50%
color / Cognac
size / S , M , L
price / ¥59,400-(in tax)

そして色違い素材違いのコニャック。これキテます。
こちらもオリジナルファブリックです。

光沢とトロ感。深みのあるカラーで泣きの一枚。
ensouシャツ至上最高値にはなりますが、とにかく高級感がありますね。
早くもこの素材で別デザインや別色が見たくなりました。

そろそろスタンバイし始めるGジャンもそうですが、ボロッとした青との相性が格別ですのでお試しください。

L1001425.jpg

ボタンはブラウンのバッファローホーン。マッチングも素敵で雰囲気に凄味が増しています。
しかし胸元やカフスなどあらゆる箇所にエッジとそしてコミカルさがありますから、
行き過ぎない極上って感じでやはりensouのバランスにまとまっていますよ。クリアです。

L1001343.jpg

デザイナーは製作後、1994年公開の映画"Interview with vampire"を思い出したって言ってたから、
明日観てみようかな。

ensouにしては珍しくまとまった数が入荷しましたので、通信販売も可能です。
気になる方はメールでリクエストしてください。
atelier.ishizaki@gmail.com

それでは明日より皆様のお越しを心よりお待ちしております。





2017.02.03.
Los Angeles -08-

LAXからNARITAへ。
空港ではfake smileでなるべく面倒を避けます。
愛想良く、愛想良く。

L1001329-2.jpg
light coat / proposition

ふざけてるなこのツラ笑

明日(土)より営業を再開しますが、なんとensouのシャツしか到着していません。
propositionは現在発送中とのことですから、うまくいけば来週末にリリース出来そう。
店頭には私物でご用意しておきますから、気になる方は先行で見てみてください。

夜までにまたensouについてブログを書きますね。




2017.02.01.
Los Angeles -07-

今回NYで買い付けたGMT MASTERをご紹介します。

fc2blog_2017020110382931a.jpg
GMT MASTER -Tropical Mirror Dial-
reference / 1675
year / 1960's
price / ASK

近年凄まじい勢いで高騰し続けているVINTAGE ROLEX。
かつてはコンディションが悪いとされていた経年によるダイヤルの灼けも、
現在では"トロピカル"や"ブラウンチェンジ"などと格好良いネーミングがつけられ、
世界の蒐集家の間では特別な個体として高い地位を築きました。

本個体は1966年頃まで生産された1675ミラーダイヤルの中でも、
サークルが排除された後期にあたる仕様になります。
そして分かりやすく"Tropical Dial"と記載しましたが、
このようにブラウン化したダイヤルでもいくつかパターンがあり、評価のポイントもそれぞれ異なってきます。

fc2blog_2017020110383975c.jpg

ダイヤル、針、ケース、リューズ、ベゼル等、年式が合っている個体で探そうとすると、
このようなレアROLEXの世界では実は難しいのが事実。
本個体はオリジナル度が非常に高い上にトロピカルですから、当然通常のミラー1675に比べ高額になります。
しかし今回は仕入れが上手いこといったお陰でかなりお得感のあるプライスが実現しました。

ちなみにこちらは当店では販売されず、しかるべき場所にてリリースが予定されています。
もし気になる方はお店をご紹介しますのでご連絡ください。






2017.01.31.
Los Angeles -06-

A LOVE MOVEMENTでスペシャルオーダーしましたRELAXセーターをご紹介します。

スクリーンショット 2017-01-31 12.58.51
A LOVE MOVEMENT
reference / 1016
material / 100% CASHMERE
color / RED
size / ONE SIZE
price / ASK

世界トップステージのアーティストやミュージシャンを中心にコアなファンが多いA LOVE MOVEMENT。
15年以上作り続けている代表作であるカシミアジャージは現在、お取り扱い出来るお店を限定させていることや、
メンズで尚且つゆとりのあるサイズの個体は、maxfield用として振り分けられてしまいうため、
当店でもコンスタントには入荷が難しいのが現状です。

今回特別にフルオーダーしたジャージは見てわかる通りVINTAGE ROLEXをパロディしたロレオタ様専用デザイン。
こちらエクスプローラーは、ミラーダイヤルからマットダイヤルに切り替わった直後に見られるFat fontのダイヤルを再現しました。
そして経年変化により灼けた369と、経年しづらい外周のミニッツトラックとで、カシミアのホワイトのトーンを変えてあります。

L1001243.jpg

本来マリファナマークがONされる胸元のロゴはCROWN。
下段のRELAXは、古いROLEXのフォントを強く意識して製作しました。

続きまして、

L1001241.jpg
A LOVE MOVEMENT
reference / 1680
material / 100% CASHMERE
color / IVORY
size / ONE SIZE
price / ASK

1965年から1975年にかけて製作されたSUBMARINERの中でもレアな個体として支持されている通称"赤サブ"をパロディ。
この血のようなトーンの赤はオリジナルに非常に近いことや、
深度表記のフォントもまんま再現することが出来ました。
当初エクスプローラー同様に文字盤かもしくはベゼルをカシミアで製作する予定でしたが、
入れない方がデザインとして格好良いという理由から省かせていただきました。
しかしその分ワッペンはベタベタに16枚貼り倒すっていう。

L1001233 のコピー
RELAX PATCH
RELAX and GARANTIE
material / COTTON VELVET
color / ROLEX GREEN
price / ¥8,640-(in tax) 2枚set


ちなみにこれらワッペンも特注。無理矢理10日で作ってもらいました。
VINTAGE ROLEXの世界では有りと無しとで評価が分かれるギャランディーをワッペンにしてみた、通称"ギャラ付きスマイル"。
そしてロゴを再現した"RELAX"の2種類。
ミラーダイヤルのように、光の差し方によってグリーンの表情が変わります。すごく格好良いですこれ。

通常パッチの別注は、1デザイン最低ミニマム30枚であり、現実的では無い数だからこれまで避けてきました。
でもレッチリのフリーはパッチ30枚作ってましたからね。超余らせてたけど。笑
今回の企画では必要不可欠なような気がして2パターン(60枚)作りましたから、
もし欲しい人がいたら教えてください。販売できますので。


最後に、このような半分以上悪ノリのようなオーダーは、
当店のような自由度の高いバイイング形式ではどのブランドでも可能な手段ではありますが、
加減が非常に難しく、拘り過ぎることでイタイ結果になることも。
しかしA LOVE MOVEMENTは特殊で、そのイタさがCOOLに昇華する不思議さが持ち味なのです。
ジャージを22枚所有するArtの帝王ダミアンハーストさんも年々オーダーするデザインがエスカレートしていると聞きましたから、
これからのA LOVE MOVEMENTの楽しみ方のひとつとして、私も次回チャレンジしてみようと思っています。


次回はGMT MASTERのご紹介です。こちらもキテます。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.