--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2015.12.08.
LONDON 6

遅れに遅れてようやくリリースされるensouのカシミアニットをご紹介します。
自身のクリエーションに対してあまり多くは語らない、付き合いは長いけれど未だに謎の多い男です。
機が熟すまで、じっと待っていました。凍えながら。

L1000341.jpg
7G Winter Sweater
material / 100% Cashmere
color / Army Green
size / S , M , L
price / ¥89,640-(in tax)

まず先にお伝えしておきますが、写真のアイテムは全て私物になります。
新品に比べると使用感がございます。ご了承ください。

「ensouからニットがでるよ」
このセリフを半年間お客さんに唱え続けてきた私としても楽しみにしていました。
初のニットですからね。
蓋を開ければやはりカシミア100。デニスのようなヌメッとした雰囲気とはベクトルが異なります。
とても柔らかく、フワってる。

でも肩に走る少々大袈裟なリブであったり、OLDらしさのあるカラーリングであったり、
マスキュリンな印象も受けますよ。着ると尚更。

L1000342.jpg
どこまで開けよう。どこまで閉めよう。
アレンジメントってわざとらしく見えないか心配になるからあまり挑戦はしてこなかったのだけど、
これはどう格好つけても雑に見えるの。
ボタンとボタンのスパンにとても気を使ってましたから、デザイナー。

10月頭に2ndサンプルが上がった際に私は「これでいきましょう」ってノリ気だったんだけど、
「ボタンの位置がちょっとまだ」って聞かなかったんですよね。
結果 is better。

L1000343.jpg
袖はじゃっっかん長いですかね。どうだろう。
でもリブ自体にも長さがあるからいっそ半分折り返して、足りてませんってのもアリになってくるはず。
beatnik。


そしてこちらは色違い。
L1000347.jpg
7G Winter Sweater
material / 100% Cashmere
color / Warm White
size / S , M , L
price / ¥89,640-(in tax)

ベージュに近いミルクカラー。
グリーンにしろミルクにしろ、どちらもとにかくジジくさい雰囲気。
でもそういった渋味が、DR.LOVEやA LOVE MOVEMENTのようなアーティスティカルなアイテムを着用する上で必要な要素にもなるのです。

L1000348.jpg
ベースの色が色なだけにボタンも浮きますね。
首元がよりガチャッと見えて格好良いです。

L1000349.jpg
そして、今回のセーター全てにこのフェイクエルボーパッチが付属。
いや、付属ではなくて、実際はここだけリバースで編んでるからそう見えるだけっていう。
こういう遊びの配慮がensouっぽさを引き立てますよね。

タートルは以上です。
次回はカーディガンをご紹介します。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。