--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2015.09.23.
JUNKO OKI

JUNKO OKIの鞄はオーダーいただいたお客様のみ手に入れることが可能です。
しかし、昨年末の時点で約2年待ちとなってしまい現在はお断りさせていただいております。

先日ひとつ完成し、オーナー様へお渡しの前に写真を撮っておきました。

L9851654.jpg

ひとつひとつやっぱり異なった個性に仕上がり、それはどことなくスピリチュアルでトライバルで、そしてダイヤモンドを感させます。

着用当初、私はスタイルを組む上でどこか工夫しながらコーディネートしていたような気がします。
でもそれはファッションとして見ていたからなんですよね。
okiさん自身、服飾を意識して作っているわけではないですから、そういうことは他の鞄にまかせておいて、
これは何も考えずに持つというか、お守りを下げる感覚で使用することが正しくもあり、なにより一番COOLな行為なのです。

仙人の風貌がエスカレートしているような気がするokiさんは現在next stageに向けて準備をしているんだって。
これからどのような形で世界のjunko okiになっていくのか楽しみなのと、
そうなったときに「この鞄は彼女がまだインディーだった頃に作っていた」って自慢できる伝説の作品になることを期待しています。

たった今okiさんからショートメールが入りました。
窓のカーテンを血のようなザクロ色にしたから良い秋が迎えられそう、とのことです。呪





WE ALL DIE YOUNG

東京都渋谷区神宮前5-39-8 スカーラ神宮前109号
03-6434-1314
wealldieyoung.info@gmail.com

open 12:00 ~ 19:00 close monday



<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。