2015.03.10.
paris 4

GREG LAURENの新作をピックアップしましたのでご紹介します。

まず今シーズンの目玉はシャツ。(毎度のことですが)

アーミーやウエスタン、ドレスシャツやスタンダードな白シャツ、さらにはネルシャツまで、これまであらゆるモデルを3年に渡り仕入れてきました。
今シーズンは彼のコレクションの中でもスタンダードに位置する、言ってしまえばシーズンを重ねる中でも代わり映えしないアイテムをベースとし、現在のお店のテンションにアップデートさせることを意識しながら、特注扱いで1モデル特別なホワイトシャツを作ってもらいました。


スクリーンショット 2015-03-10 20.20.13
こちらはスタンドカラーに、ドレスな胸の切り替えし。繊細だけど、力強くマスキュリンな一枚。


スクリーンショット 2015-03-10 20.20.32
そしてこちらはスナップボタンの胸ポケットがアクセントになるウエスタンシャツ。


この2つを混ぜました。

スクリーンショット 2015-03-10 20.21.03
GATSBY WESTERN SPLIT STUDIO SHIRT
material / cotton 100%
size / 1
price / ¥77,760-(in tax)


このように全く異なるデザインを掛け合わせることで、どのフィールドにも当てはまらない特別な一枚に。
さらに素材はホワイトのコットンで統一され(本来はシルクになる胸部分も同一素材で徹底しました)、違和感が無いことが違和感に感じる不思議なヴィジュアル。

スクリーンショット 2015-03-10 20.21.21
後ろ姿も襟にかすかな違和感。

スクリーンショット 2015-03-10 20.21.52
一点一点差がありますが、細かくクラッシュされていたり、ホワイトのペンキがほんの少しだけ飛んでいます。



このディテールは全く目立ちはしないのだけれど、大切なのは意図です。
この2枚のドッキングには、大富豪ジェイギャッツビーが西部の土で手を染めるといったGREGならではのコンセプトがあります。
クラッシュでカントリーなディテールが存在してしまう理由があるのです。

(こちらのシャツはストックがある程度ございますので、通信販売は可能ですがクラッシュやペンキの入り方が一枚一枚異なるため発送いたしますシャツはランダムになります。ご了承くださいませ。)

続きまして、

スクリーンショット 2015-03-10 20.22.15


スクリーンショット 2015-03-10 20.22.34
SUEDE PATCHWORK VEST
material / SUEDE
color / BEIGE
size / 2
price / ¥123,120-(in tax)


彼が作るvestは好きでたまに仕入れていましたが全く人気が出ませんね。
だから今回はレザーでオーダーしました。懲りません。
白いシャツにスエードは勿論格好良いですが、例えば大きなチェックのシャツだとか、コミカルなタッチのアイテムとのバランスも良さそうですね。


そして最後は、
スクリーンショット 2015-03-10 20.22.53


スクリーンショット 2015-03-10 20.23.18
CLASSIC OLIVER PENCIL STRIPE JACKET
material / 100% LINEN
color / BLACK
size / 1
price / ¥237,600-(in tax)


2年前に個人買いしたストライプのオリバージャケットが様々なシーンで活躍していることから、そのときに近い生地と素材でオーダーしました。
vestが付いていることもあってインナーはシャツしか着れません。
生地はリネンで、さらにまるでシャツのように薄くて軽いです。裏地も無し。なので例え夏であってもシャツ感覚で羽織るのが格好良さそう。

ちなみに以前ブログにも書きましたが、昨年私はこのオリバージャケットで結婚式に参加しました。
もれなくクズの扱いを受けたけれど、ちょっと固めなソーシャルなフィールドでも着ていきたくなる相棒と呼べる一枚なのです。


以上です。
これらも再開時にリリースいたします。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.