2015.01.19.
ensou 2015ss 1

ensouより2015ssのコレクションの第一便が到着しました。
全てribbonシャツとmessyシャツです。

今回は「glaph」「glen」「madras」で3種のチェックパターンを製作。
そしてこれらの生地は全て手織りされています。

手織りされることで線と線は不揃いに走り、さらに洗いが繰り返される中でやがてチェックそのものに歪みが生じます。

当然デニムにシャツがメインになる季節ですから、他にあれこれアクセントを盛り込まなくてもスタイルとして完成完結させたいじゃないですか、やっぱり。
なのでこのような感覚的なヴィジュアルは最も重要視していますし、作り手にとっても最大のセンスの見せ場な筈。

昨年秋からスタジオに籠りひたすらミシンを踏みまくったensou。
リクエストが大変多かった今回のリボンとメッシーは今までよりも多く作ってもらいました。
というのも、デニスのレジャーシャツがそうであったように、同モデルをチェック違いで欲しいお客様も多いのではないかなと思ったからです。
相変わらず気が利いてますよね。


まず本日はグラフチェックをご紹介します。

スクリーンショット 2015-01-19 17.26.26
Graph check ribbon shirt
material / 100% cotton
size / s , m
price / ¥32,940-(in tax)



スクリーンショット 2015-01-19 17.26.43

ecruをベースにgrayのラインが走るグラフチェックは他2タイプに比べて非常に軽さのある一枚に。
チェックというより、着用する感覚は無地に近いですかね。うん、白シャツを着るニュアンス。


スクリーンショット 2015-01-19 17.26.04
Graph check messy shirt
material / 100% cotton
size / s , m
price / 34,020(in tax)


こちらはメッシータイプ。
”いい加減に着る”がコンセプトであり、サイドに余分に多くボタンが2つ並んでいてそこにずらして留めても格好良いです。
あとは襟のカッティングですよね。グシャっと立ってるのか寝てるのか分からないくらいのフォルムを狙ってみてください。


スクリーンショット 2015-01-19 17.27.04
ちなみに、このモデルのみけっこう透けます。インサイドにタンクトップを着てあげて。
でないとボタンが増えます。





Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 火曜日

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com




<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.