2014.09.19.
2014AW 10

イタリアよりGUIDI & ROSELLINIが到着しました。
明日(土)よりリリースいたします。

スクリーンショット 2014-09-19 14.23.50

前回はロゼリーニの歴史の中でも後期に発表され、後に展開されるGUIDIでもそのデザインを取り入れられていた所謂定番を2型リリースしました。
肉を手で削いだだけの裏革は、よくあるスエードとは一線を画すルックスであり、その経年変化がもたらす味に関しても老舗の貫禄を感じさせる一流の仕上がりに。
しかしそこには最早皆の知っているGUIDIの姿はどこにもなく、当店ではその時代を知る一部のマニアにウケただけっていう。笑

AWは、前作よりもさらに古い時代に製作されていたモデルを買い付けました。
ご紹介します。

スクリーンショット 2014-09-19 14.23.23
Giovanni 1841
leather / vacchetta reverse
sole / fondo vibram art. 1149
size / 40 , 41 , 42
price / 139,320-(in tax)

写真は私が5日間着用したものになります。
現代で作られているようなシャープでドレスに昇華させたシルエットとはまるで真逆。
ぼってり、そして重たい。履き皺が出る前はまるで築地で履く長靴のようでした。

スクリーンショット 2014-09-19 14.23.02
右が新品です。たった数日でこの違い。
将来が楽しみですね。
カシミアのような繊細な素材や静かなるギミック溢れる洋服を”アメカジ”というド安直なベールが掻き消してくれます。
それが私にとってはクラプトン感であり、世間でいうダッズスタイルであり、兎にも角にも貫禄に直結。

続きましてこちら。
スクリーンショット 2014-09-19 14.24.08
Lorenzo 1837
leather / vacchetta reverse
sole / fondo vibram art. 1149
size / 40 , 41
price / 139,320-(in tax)

脱ぎ履きがとにかくしんどそうなのはさておき、パンツの裾からのぞく切り返しが格好良いです。
Giovanniと比べアスレチックの要素が強いため是非otaのトラウザーと合わせていただきたいですね。例えばトップスにエレナのシャツやジャケットを合わせるなど、なるべくデリケートな雰囲気のアイテムで帳尻合わせすることをおすすめします。

スクリーンショット 2014-09-19 14.24.28

最後に、ロゼリーニは元々はハンティングやトレッキングを目的に開発されたギア。要は道具であって、ファッションとしての機能は持っていません。
それでも何故魅力に感じ、スタイルに取り入れたくなるのか。

例えばコンマ一秒を争う世界で使用されることを目的に研究そして開発された自転車や車や将又スニーカーが美しいと思ったことはありませんか?
装飾美とは異なる感覚。すなわちプロダクトデザインの美しさ。
これなんですよねきっと。

10年前、当時monoマガジンに影響を受けてひたすらコレクションしたニューバランス576。
何故かこのときの感覚とダブるんですよね、ロゼリーニを履く感覚って。


本日中にまたブログを書きます。





Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com




<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.