--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2014.09.05.
2014AW 6

明日(土)より通常営業に戻ります。
12:00〜19:00の営業時間となります。

アイテム紹介もいよいよラストスパートですが、正直全部は無理でした。
店頭でご覧ください。

本日はデニスコロンの巻物をいくつかご紹介します。

スクリーンショット 2014-09-05 18.28.14


スクリーンショット 2014-09-05 18.27.55


スクリーンショット 2014-09-05 18.27.34
Nomad Throw 3 Color
material / Handwoven 50% Cashmere & 50% Silk
color / Faded brown + Warm gray + Snow white
price / 106,920-(in tax)

毎年定番で展開される3トーンのノマドショール。
Silkがミックスされることで上品さがより際立ちます。
これまでは柔らかでアンニュイなカラーリングが特徴でしたが、今季はデニス流の”山生活”がテーマであることから静寂でシックなコントラストに仕上がりました。

上の3枚の写真は”纏い”のhow toですが、あまり一目に付くところでバサバサやってると少しキモいかもしれません。
ご注意ください。

スクリーンショット 2014-09-05 18.28.33
Tamba Blanket 6 Ply Nomad
material / Handwoven 100% Cashmere
color / Brnt tea lvs + Moonbroom + Midnight blue
price / 284,040-(in tax)

デニスコロンの最高級レーベル、”denis colomb home collection”を調子にのってオーダーしてしまいました。
現在メインで展開するdenis colomb life styleは実はこのレーベルから派生したエントリーラインなんですよね。
突き詰めて突き詰めて突き詰めた極上のリラックスは自室では勿論、旅先であろうとアイテムひとつでその空間を丸ごと変えてしまうのです。
身につける物っていうよりもラグとかそういうホームグッズが殆どですね。ただしべらぼうに高いっていう。

でも私自身インテリアに対しての拘りが薄いことや、当店は服屋なのでさすがにこのラインはこれまで手を出してきませんでした。
でも前から気にはなっていて、前回のパリでこの超肉厚(驚きのMAX6ply)な塊がソファにかけてあったのを見つけてなんとなく羽織ってみたんですよ。
そしたらデニスもそうやって使用しているらしく、「お前それいくのか!」って喜んでくれたからノリでデビューしてみることに。

驚愕の6ply(6本のカシミア糸を撚って1本の糸として使用)であることは勿論ドリームピースですが、通常のラインとはまた異なったカラーのコントラストやデザインも大変魅力的です。


スクリーンショット 2014-09-05 18.29.00
Dolpo Shawl
material / Handwoven 50% Cashmere & 50% cotton
color / Black + Natural brown + White , White + Black + Natural brown
price / 65,880-(in tax)

ヒマラヤ山脈の再奥に存在する聖地”Dolpo”。デザイナーはこの地を毎年訪れているそうです。
その地方に伝わるDolpoと呼ばれるトラデショナルなブランケットをソースにしていることから、大分トライヴに寄せたなと。
でも悲しいかな。配色のセンスが良すぎてやっぱりロイヤルな雰囲気に。

こちらは2色展開と記載しましたが、正しくは使用している3色の分量が異なるだけ。
でもそれだけでかなり見え方が異なるんですよね。チェックしてみてください。

このあともすぐにまたブログを書きます。




<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。