2014.07.04.
open準備 2

"ota"のリネンシャツに続きトラウザーもリリースに間に合いました。

まずトラウザーのプロジェクトにはいくつか問題がありました。
中でも一番の壁は、私のセレクトの編集力の無さでした。
いつだってテーマは「ワールドベストスタイル」であり、最早生き様と捉えても過言ではなかったLEVI'Sの存在。
ジーパンを履くことが前提で構成されたセレクトである以上、「定番」と題されたボトムスをデニム生地以外で製作し打ち出した時点で全てが嘘になるというリスク。

それでも定番化を目標とするならば、"over the end"の企画の下、おこがましいですが我ながら超厳選構成させていただいたアーティスト達の誰かに依頼し、デニムではないボトムスを作る意味の根っこの本質を汲み取ってもらう工程が最大の肝になります。

そこで今回は旅友のMr.Otaに依頼。
何故ならば私にとってファッションはトラベルが全てのルーツであり、ルールであることから、その時間を共に経験した彼以外に誰も浮かばなかったから。

永遠のスタンダードである501とタメ張れるボトムスを作ってくれ。

スクリーンショット 2014-07-04 16.55.51
"ota"
size / M , L
price / ¥35,000-(without tax)

詳しいデザインのディテールは実際に見て貰った方が早いのと、そんなことは全く必要ではないので省きます。
説明はたった一言で済みます。
「501になりました」

ジーパンではないジーパン。
要は501をジーンズじゃなくて"ジーパン"と何故呼びたくなるのか。ここを理解して分解できるOta氏ならではの切り口。
そしてジーパンのお約束とも呼べるディテールに一切頼らなかったこと。

ここまではパーフェクト。
その先は、日頃着用する中で"501"を感じるか、もしくは所謂"ファッションアイテム"に落ち着いてしまうのか。
検証するとしましょう。

それでは明日12:00より営業再開です。

スクリーンショット 2014-07-04 16.55.23

スクリーンショット 2014-07-04 16.55.00

皆様のお越しを心よりお待ちしております。




Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com




<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.