2014.06.19.
Bangkok 1

ensouのリリースを終え、急遽決まったバンコク行き。

先日の香港といい、最近はなんとなく気分がアジアです。
自分が好んで長年着用するデニスの巻物やリネンシャツや金無垢のジュエリーなど、ファッションとして始めたがいつしかそこを超越してスタイルになったアイテム達を紐解いていったとき、"オリエンタル"の存在に気付きました。

この手のラグジュアリーは今まであまりピンとは来なかったからアジアはパスしてきたんだけど、昔からデニスに「最強のリゾートはアジアに存在する」ってオススメされてた意味が今になって気になってきたんです。

今回のミッションはオリエンタルの抽出。
行く場所は限定されていました。
おそらくデニスも訪れたであろう、超絶ラグジーなスポットを決め打ちでラウンドします。
そこには思わず「不況とか言ったの誰だよ!ちゅーか一部の富豪が抱え込み過ぎなだry」って別世界の空気と時間が流れるオアシスがありました。

詳しくはお伝え出来ませんが、
世界トップクオリティなハイエンドを演出する者達の居場所。"ハイエンド抽出場所"。それが存在する。

成功を納めた表現者達が、これまでに確実に訪れて洗礼を受けた場所のひとつ。

私にとって一番の仕事は、この物質では無い感覚のバイイングです。
そこをうまくインスピレーションして初めて、物質の買い付けが可能になります。
なので今旅の経験は、今後の仕入れ内容に良くも悪くも影響しそうですね。


とかスカしたこと言いながら実は一番楽しみなのはタイフード。



美味しい。でもこの土地独自のスパイスは私の身体には刺激が強く、食べる→腹壊す→食べる→腹壊す、のスパイラル。

そして夜な夜な向かう先は観光地としても有名な風俗街の"ソイカウボーイ"。



しばらく続いてた0時以降の外出禁止令がこの日解除され、盛り上がってました。
システムは簡単です。
入った店でドリンクを注文し、ステージで踊るタイ女子達を鑑賞。
腰にナンバープレートを付けてるので、もし気になるタイ女子がいたら店員さんにその番号を伝えます。
するとステージを降りてこちらに来ます。そこから値段の交渉に入るっていう。

こんな流れ。
タイ女子を見ながらドリンクだけでもokってところがこのエリアの人気の秘密。
でも「買ってなんぼじゃい!」って欲深き漢には夜8時か9時くらいに行くのがオススメ。
綺麗な子は早い時間に売り切れちゃうんだって。

ちなみに日本人はまじで多い。
それも絶対"買い"がメインの旅行者。
とにかくカオスな光景なのでタイ旅行に行かれる方は是非。

一番人気のお店は再奥にある"バカラ"ってお店。
たしかに勧誘してくる女子のレベルが他に比べて高い。(勿論リメイクフェイスですが)
でもここがトップを走り続ける理由はもっと別のところにあります。

他のお店が露出的なファッションやコスプレを売りにする中、
このバカラはワールドカップ日本代表ユニフォームを着せてるっていう。

分かってんなー。ここ。








<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.