--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2014.05.21.
香港 2

昨夜に引き続き香港ビギナーな我々をアテンドしてくれたのはRAINちゃん。

スクリーンショット 2014-05-21 11.32.55
ラグジュアリーなホテル内にあるお店から、

スクリーンショット 2014-05-21 11.13.01
露店が立ち並ぶローカルなエリアまで、振り幅広めで紹介してもらいました。


そうそう、香港ではアルチザンカルチャーが一部のコアなファンの間でブレイクしていて、そっちのベクトルに寄せまくったショップが増えているみたい。
似合うからね、こういうスタイル。

夜はまたみんなで食事に行きました。
そのときにレインちゃんのファッション哲学について色々聞いたんだけど、病気でしたね。けっこう症状が近かったので親近感が湧きました。あ、同じウイルスだって。

スクリーンショット 2014-05-21 11.14.38
left
jacket / ELENA DAWSON

right
shirt / GREG LAUREN
denim / RESOLUTE
shoes / CHEREVI

どうやら彼女はファッションアイコンになってるみたいで、彼女が着ている服っていうかメイクや髪型までのスタイルそのものが服好きな人の間(世界中)でコピーされてるんだって。
へー、カリスマじゃん!って素直に関心してましたが、そういう情報の発信源になってるインスタグラムを見せてもらって驚愕したの。

フォロワー数 / 17K

え、Kって何?って。
桁が表示しきれなくなるとKが付くみたい。
彼女はお店を持ってるわけでもブランドを展開しているわけでもないのに、どうして有名芸能人クラスの支持率があるのか。
たしかにすごくセンスが良いけど、この数はチート過ぎるだろって疑問でしたが、すぐに答えに辿り着きました。

写真の内容は確かに服に纏わる写真が多いんだけど、なんていうか彼女の生き方がね、生々しく反映されていたんですよ。
あ、なるほどなって。
ファッションがライフを作ったんじゃなくて、このライフが今の全てのスタイルを作り上げたんだなって。
"気付いたらこうなっちゃった系"ですよね。

だからファンは彼女の着る服に興味があるんじゃなくて、生き方のスタイルに惹かれてるんでしょうね。

お金を投資しまくって作られるコマーシャル化されたブランドやお店の継続が難しくなったファッションシーンをもし今後打破するとしたら、
彼女のように人生が商品になるような絶対的なヒーローが会社には必要になるんでしょうね。

そこには最早 金に目が眩んだ企業が参入出来ない程のフレッシュなエネルギーが詰まっていて、理屈じゃ語れないクールな従来のファッションが蘇るんじゃないかなって思いました。

そうしたとき、これまでコマーシャルを作ってきたクソ野郎、あ、失礼、上層部の所謂業界人が引退せざる得なくなって、そこから当分続く新たな服業界のルールが新たな業界人の間で誕生するのかな。


彼女が今日何度も言っていた「everything will change near フューチャー」って言葉。
私もこれに賛同して、彼女と今後もっと仲良くなって、おこぼれを貰い続けるゲス野郎になりたいです。





<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。