--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2014.03.27.
over the end 1

昨晩は中野さんのオフィスに遊びに行ってきました。
彼は以前いきなりお店に来て「こんなの作ってるんだけど」って服を見せにきてくれて、
お話を聞けば聞く程、作ってるアイテムよりも何故か中野さん本人に興味が湧いてきてしまったっていう。笑


スクリーンショット 2014-03-27 17.20.05

古いビルの一室で陳列されている来シーズンのコレクション。
この日もその一着が出来るまでの、興味が無い人からすればどうでもよすぎるウンチク(笑)に心躍らされました。

日本中から厳選に厳選された職人を起用することでそれまで実現不可能だった物作りの限界を可能にしてしまうクリエイション。
素晴らしいアイディアだと思いました。と同時に確実に納期が安定しないなと。笑


スクリーンショット 2014-03-27 19.36.22


「あの映画のあのシーンであいつが着てるセーターのヤレ感がいいよね」とか、かなり具体的な部分で話しが噛み合うのは稀なこと。
「例えばキツネとタヌキの毛をミックスさせてセーターを作ったら面白いですね。どん兵衛ニット。なんちゃって」。
こういうくだらないギャグでも本気で作ろうとする中野氏。


彼が現在手がけているブランドに関してはお取り扱う予定がないので、これ以上はあまり激しいことは書けませんが、
もうこの際ブランドとか店とか、そんなもんは取っ払って、我々2人にとって格好良いと思う服を作ってみようかってことで話がまとまりました。

一体いつになるのかは分かりませんが、私自身「こういう人待ってました!」って感じなのでまた会う日が楽しみです。

それと実は、もういっそ”ブランド”を探すんじゃなくて、良いアイディアを持つアーティストを今後は見つけ出して、パーソナルで特別なモノを作ってもらおうって考えていたところでしたから、今回のことは良いタイミングでした。
また進展があれば報告します。




<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。