--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2013.11.29.
HIMEL BROTHERS

「HIMEL BROTHERS」がカナダより到着しました。

スクリーンショット 2013-11-29 15.22.39

数あるモデルの中から私が選んだのは「Heron 1929」。
所謂”A-2”がモデルになっています。

細部にいたるまで徹底してvintageのデザインを再現。(パーツによっては実際にvintage物を使用)
スクリーンショット 2013-11-29 15.23.09

上質なホースハイドで作られたクラシックの名作は歳を重ねた分だけ似合ってくれる味なアイテム。

そしてこちらは全てオーダーメイドになりますので、身体を計測させていただいてから発注いたします。
納期はブランド側は2週間で出来ると言っていましたが多分 嘘です。
実際は1ヶ月以上かかると思いますが、正直いつになっても待ってられる程 完成されたアイテムなので実物をまずは見てみてください。(私の身体に合わせて作ったサンプルが店頭にあります)


スクリーンショット 2013-11-29 15.23.35

デザイナーはDavid Himel。
1992年より博物館クラスのヴィンテージクロージングを発掘し、世界中のバイヤーに販売してきた有名なディーラーです。
今年2月ロサンゼルスで開催されたVintage Trade Show "inspiration" で彼と知り合いました。
昔なにかの雑誌でEric Claptonが古いデニムにニットに革を着ていて、その写真が今でも忘れられないくらい格好よくて、なんかその記憶にすごくリンクする雰囲気があったんですよね、Himelの作る革には。

だからすぐにオーダーさせてくれ!って、言ったのはいいんだけどサイズ感がね、超デカいのよ。
デザイナー自体 大男だからなのか最小サイズですらめちゃくちゃデカかった。
そしたら"お前のサイズで作ってやる"って。見た目と言動が絵に描いたようなThe アメリカ人(カナダだけど)って感じの人だったからそのときはぜってー嘘!って思ってましたけど半信半疑でオーダーしたらほんとに来た。笑
着用写真は次回掲載します。



スクリーンショット 2013-11-29 16.38.56
これくらいタイトに着るとやはり格好良いですね。(このコーディネートは今っぽ過ぎですが)
着丈も短ければ短い程デザインが生きてくると思います。するとインナーもタッグイン、もしくは短めの丈を選ぶ必要がありますね。
この着丈問題はTEN - Cにも言えますから現在それ用のセーターを作っています。


先日zuciのデザイナーが来店した際にこのレザーを見て一言。
「うんうん、、、モードだね」。
一瞬エッ!?ってなったけど多分すごく深い意味が込められてますね。


オーダーメイドについて詳しくは店頭で私に聞いてください。
ではでは


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。