2013.11.07.
LA 1

NYからLAへ移動しました。

TEN-Cのチートスペックが活躍した極寒のNY(最終日は3℃)からの、まだまだ昼間は真夏なLAときたもんだから変な感覚ですね、身体が。

TEN-Cは沢山のお問い合わせをいただいておりますが、入荷数は極少量です。ブランドのうんちくとリリース日についてはまた改めて書かせてください。


いつもの激安モーテル。
綺麗で良いサービスが受けられる高級ホテルじゃなくても、まるで映画のドラッグディーラーがたむろするような雑な雰囲気は、これはこれで贅沢なひと時。



今は近所のカフェでモーニング中。


本日の石崎


shirt / GREG LAUREN
denim / 501xx
shoes / CHRISTIAN PEAU


夏ですわ。何もかもが。
やはりGREGに古着のスタイルはバランスが良くて気に入ってます。
でもこれでアウターも靴も古着ってなっちゃうとアメ公すぎますから、1点差し込むくらいがオススメ。
あくまでも"ドレス"なイメージは忘れないで。

さて本日履いているポーの短靴はスペシャル仕様です。


CORDVAN SHOES ¥63,000-

ずっと前からオーダーしていたコードバンの短靴。
ご存知の方も多いでしょうが、コードバンを生産できるタンナーカンパニーは現在 世界に2社しかないんですよね。
だから発注から納品まで相当な時間がかかります。

でもどうしても今回 履いていきたくてポーに頻繁に「まだですか!?」って聞いてたんだけど、出国2日前に「今日製品があがってきたけど、これから染めるから間に合わない」って連絡があったんです。

それでももう欲しくて欲しくてどうしても我慢できなかった私は、

「じゃあ染めないままください」ってお願いしたんです。

向こうからしたら「何言ってんのコイツ」って感じでしょうが、
なんとなくね、思ったんですよなんとなく。
コードバンのヌメって珍しくねーか?って。

そして前日ギリギリで受け取れました。



コードバン特有のきめ細やかで美しい質感と、ポーならではのポテッとしたフォルムがたまりませんな。
一目でコードバンと判断できる独自の光沢が贅沢な一品。

でも何よりも注目したいのが左右で濃さが異なるってこと。
流石ヌメ。これは常識的に考えたら絶対NGなことなんだけど、我々からしたらね、、、願ってもないポイントなわけですよ。笑

これは名作の予感です。(当店に限り)

今回この"ヌメ"バージョンは、私のワガママがたまたまミラクルを引き起こしただけなので、2足しか入荷がございません。
あとは全て通常のオーダー通り、ブラックで入荷します。

こちらも帰国次第リリースです。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.