2013.09.20.
3連休は休まず営業

この3連休は本来定休日の月曜日も休まず営業します。


さて、9月よりA/Wが始まり、第一弾として"denis colomb" "pero" "ELENA DAWSON" "marvielab" "sak" "christian peau"をリリースしました。

これらのブランドは雑誌を広げても載っているわけでもなく、特に有名人が着ているわけでもなく、有名デパートなどで取り上げられているわけでもありません。
メディアは100人のユーザーを100人振り向かせなければいけませんから、このようなアッパープライスや流行とはズレたデザインは中々提案しずらいのだと思います。

じゃあ俺やります。と、店を開いてもう4年目。
一通りファッションロードを渡り歩いたちょいお疲れなお客さんが全国から集まるようになりました。
私も店を開く前は死ぬ程店をまわり散財散財そして散財してきました。

その結果、ただの"ヲタ"になりました。

すると最早デザインが単純に格好良いだけでは惹かれず、
どういう人が(キャリアを含む)どういう背景の下で作っているのか。さらに言えば何故それを作らなければならないのか。
要はその服、そのブランドに潜むストーリーを重視するようになりました。

私の偏りまくった好みはシーズン毎に確実に悪化しています。
たまたまBARで知り合った同業の人とスタイリングについて論議したときは完全にコミュ障 扱いされ、
店で居合わせたお客さん達と"古いアロハとリーバイス"座談会をしたときも皆着てるのはエレナドーソンという冷静に考えると意味不明。

「これかっけー!」みたいに、皆が純粋に服を楽しめなくなりつつありますが、
ある程度いっちゃうと一種の"学問"になりますからね。
新しい価値観ですよ、これはこれで。


10月は第二弾。

"MOTHER HAND artisan"
スタンダードなニットのコレクションをスタンダードなカラーでオーダーしました。
毎回飛ばし気味なカラーを選ぶ癖がある私ですが、自他共に認めるヲタとなった今、一周して無垢な色味に惹かれます。
美しいシルエット、そしてミニマリズムを体感してください。
尚、春に開催しましたオーダー会のアイテムは予定通り11月入荷です。



"GREG LAUREN"
シャツ、Tシャツ、パンツ、ジャケット。大量に入荷します。
彼は古いミリタリー生地のリメイクを得意としますが、
今回はnewの生地を使用したアイテムが殆どです。
非常に美しく高級な素材のためドレス感が強く出ていると思います。
しかしディテールがね、破れてますからね。笑
癖は強目ですが彼にしか成せないデザインが魅力です。


"maria rudman"
マリアのshowroomにストックされている過去のアーカイブ作品。
今発表しているデザインとは少し異なったピューター模様が素敵です。
3月に会ったとき、お願いして過去のデザインを復刻してリリース出来るか聞いてみたところ、
当時の職人とはもうあまり関わりがないそうで出来るか分からないけど最善を尽くしてみるとのことでした。
それから半年間なんの連絡も無く、来週ピックアップに行く予定ですが悪い予感しかしてないです。



"LEROY private collection"
「闇の中の光」をテーマにコレクションを発表するリロイ。
ヨーロッパ古着からインスパイアされたクラシックでシュールなデザインですが、デザイナーがLAでの生活が長かったせいか程よい抜け感がある佇まいに仕上がっています。
先日アトリエに遊びに行ったとき、LAのmaxfield用に作っているリメイクラインが格好良くてオーダーしました。
希少価値が高いフランスの古いワークジャケットや藍染めされた生地を私とデザイナーで選び、現在全て手作業で作ってもらっています。


"5569"
定番のヘアリーシャツに加え、
昔デザイナーが作った(本人は忘れてる)ピンタックのシャツをモチーフに新作を作ってもらいました。

相変わらずグランジしてますから、marvielabなど、綺麗な見え方のする服とのバランスが楽しみです。


"new brand"
100% silkのスカーフブランド。
大胆な発色と大胆な柄がコーディネートに毒を与えてくれます。
ポケットチーフも入荷します。



"new brand"
久しぶりにキャンドルが入荷します。
私が思うに"最強のギフト"。
容器の素材がアホ過ぎ。



"new brand"
「死ぬまで着れる服」をコンセプトに超ハイテク素材を駆使して作られたアウターのブランド。
オーガニックなテクスチャーが魅力のアイテムを多くセレクトしている今、きっとこの組み合わせは新しい風。



"new brand"
これは4年目にして始めての試み。
そして、待ってましたと喜んでもらえそう。
レザーブランドの取り扱いを始めます。

素材はHORSE HIDE。
3年以上探してやっと納得のいくレザーブランドと出会ったのは今年2月のアメリカのヴィンテージトレードショー。
ただし販売方法に嬉しいルールがあるので後日説明します。



10月もお楽しみに!





Atelier 103

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室

03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / Monday


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.