--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2013.06.19.
LA 5

週末はどこのオフィスも休みなので、
砂漠を5時間走ってベガスに行ってきました。

今回は色々新しい台も入っていたし、
一通り回してみたけどリスクリターンもフェアだったから内容としては悪くはなかったですね。

あ、スロットのことね。

あとリターンはあまり見込めないけど演出が面白いインディアナジョーンズが3年ぶりに復活してくれたのも胸熱でした。


それはいいとして、
毎年夏はビーサンしか履かないわけですが、
こっちでも日本でも日頃けっこうな距離を歩く私にとって、ビーチ用に作られた簡単なサンダルだと足が痛くなることに限界を感じていました。(足というか骨な)

じゃあ靴履け。って感じですが、
やはりあのチープな表情が、ガチ目な服と合わせてもライトに見せてくれるんで好きなんですよね。

だから、あくまでもスタイルはビーチで、履き心地が良いというか走れるくらいの機能性も兼ねたビーサンはずっと探していました。

ベガスにいるときも考えていたんだけど、
ふとした時にそういえば居たなって。そういうの作ってる人この近くに居たなって、思い出したんです。

すぐコンタクトを取ってアトリエに向かいました。



言われた住所を頼りにベガスから3時間。
砂漠が一生続いててかなり心配になりましたが、この景色の中でポツンとまじでアトリエがありました。



家族でサンダルを作っていて、全てフルハンドメイドで作られてます。

多く生産が出来ないことや、すぐにはオーダーに来れないこの立地。笑
カリフォルニアでは幻のサンダルと呼ばれているそうです。














カラーからソールまで、色々別注させてもらいました。

6月中にはリリースが出来ると思うので、楽しみにしていてください。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。