--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2013.03.23.
MARC MARMEL

LAを拠点とし、映画プロデューサーとして活躍する傍ら、
トラベラーズバッグブランド「MARC MARMEL」を発表。

アテリエでは長くお取り扱いをしておりますが、
入荷と同時にすぐ消え去ることから、
「幻の鞄」と勝手ながら呼ばせてもらっています。

数ある彼のコレクションの中でも、用途やサイズ、そしてルックスに焦点を当てると、
やはり「HERMAN」がずば抜けてる印象を受けます。

私も1年半、ほぼ毎日使用しています。









使い込むことでクラックが入り、やがてアンティークのような雰囲気のある佇まいへと変化します。

これは持つ人によって表情に大分違いが出てきます。
その人のライフスタイルによってクラックの入り方が異なるということです。

私のハーマンは、ほぼ同じ時間愛用しているお客さんのと比べると、
わりとおとなしいですね。
私のように品がある大人は何使っても綺麗です。



このように唯一無二の鞄を提供するマークマーメルですが、

実は最近、私とマークの間でトラブルがあり、
4月の入荷を最後に当面はセレクトから外すことになりました。

理由は様々でした。
けれど、私自身この鞄の大ファンですから、
今後も壊れるまで愛用したいと思います。


4月入荷分ですが、数量は15個です。
サイズは「S」、カラーは「ブラック」のみです。

そしてプライスですが、
実はそこに今回の大きな原因がありました。
詳しくは書けませんが、今回はその問題は無かったことにして値付けをしました。
税込¥147,000-でリリースします。

以前に比べ、USドルが高いのでやはり前回までの136,500-より上がってしまいます。
これはインポート全般に言えますが、今までが安過ぎたっちゅーことで無理矢理 解決しましょうや。


そして今回のリリースの仕方ですが、
「予約販売」のみになります。

店頭、又はお電話やメールで石崎までお申し付けください。

リリースまであまり期間が空かないのでデポジットは必要ございません。


予約受け付け期間は
3/23(土)~3/31(日)
です。

メールでのご予約の場合は、
氏名と電話番号をご明記くださいませ。




MAXの15個に達した時点で終了とさせていただきますが、
万が一 達さなかった場合は店頭でリリースといきたいですが、
本当に今回の入荷にあたり色々とあったので、余った分は返却をすることにしました。


ということで実物を見てジャッジが出来ないリリースになってしまいましたが、
店頭には常に私のハーマンが御座いますから、気になる方はイメージを見に来てください。

逆に遠方のお客さんからすれば、
店頭リリースがない分、手に入り易くなったのではないでしょうか。
(通信販売の場合は銀行お振込のみとさせていただいております)




それでは、ご検討ください。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。