--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2013.03.03.
paris 2



今回は短い滞在なので、珍しく忙しく動いています。

昨日はELENA DAWSONのアポイントがありました。

しかし1つ前の仕事が長引いてしまい、
遅れそうだったのでタクシーを探しました。
しかし全く捕まらず、仕方ないので少し寒そうだけど、バイクのタクシーみたいな乗り物で行くことに。



急いでくれ!って感じだったんだけど、
これはまさかの観光者用の乗り物であり、
一見早そうなバイクみたいな思いっきり「チャリ」だったんです。



思いっきりこいでるよ。

歩くよりは速いが急ぎ足には負ける早さでした。

でもドライバーの兄ちゃんは裏道の達人で、急いでる私に気を使って随分無茶な運転をしてくれました。

一通のところを逆走して、車が来ると歩道に乗り上げて歩行者を轢きそうになったりしながらも大爆走。



これ歩道で前からはわんさか人が来るのに、彼はお構い無しで突っ込みます。

しかしそこはあくまでも観光用に設計されたクオリティ。
やはりすぐにガタがきました。


「やべー、チェーンが切れた!」

そこで彼がとった行動。



押す。


そして奇跡的にも丁度に着きました。

が、エレナから電話が入り驚愕の一言。

「Hey Taka.これから出かけるから明日にしてくれ」

出ました。いきなりの予定変更。
しかしこういった癖の強いデザイナーブランドを多く扱う私からすれば別に慌てることでも何でもなく、
彼女が帰るまで待つことにしました。

近くでお茶を飲みながら、
A/Wの詳細が気になる方々とメールします。




そしてなんとか無事エレナの展示会場に辿り着きました。






宿泊しているホテルの部屋にてひっそりと開催されるnewコレクション。
とても素晴らしい内容でした。

さらに今回は、エレナから春夏のアイテムを受け取り、持って帰れる予定でした。

しかし彼女は、

「sorry Taka.持ってきてない」





オワタ


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。