2013.02.21.
本日の石崎

先日告知しました、マザーハンドのオーダー会。
受注会自体、初めての取り組みですから、
当日はどのような雰囲気で出来るかは全く想像できませんが、
とてもわくわくしています。

いよいよ明後日です。
皆様にとっても、私にとっても、スペシャルな1日になることを楽しみにしています。


さて、先週より販売が開始しましたdenis colomb。

流石にまだ雪とか降ってますから、
大分気が早いタイミングではありますが、
毎日恐ろしい勢いで旅立っております。
とは言っても今回はアホみたいに在庫を積んでますから、人気のシャツやショーツのシリーズはまだまだ見ていただけます。

中でも一番人気が集まったのはコバルトカラー。



すごく良い発色がすこぶる夏ってますね。
色褪せてゆくツラが楽しみなシャツ。

このスタンドカラーのシリーズは生地がアイリッシュリネンになっただけで、
ボディは2012s/sの復刻別注になります。
昨年私が死ぬ程着てたオレンジシャツと全く同じディテールです。
あまりにも気に入っていたのでデニスにお願いしてもう一度リリースしてもらったのです。
今年は3色で、ブラック、ホワイト、コバルトで展開しています。



本日の石崎



cardigan / denis colomb
shirt / denis colomb
denim / RESOLUTE 710
shoes / CHRISTIAN PEAU
bracellet / maria rudman , KALI

すごく春らしいけど、めちゃ寒いっす。
まるでカットソーのような薄さと、抜群の肌触りが病み付きになるカシミアシルクのカーディガン。
使いやすい。



シャツも買ってから3回洗い、乾燥機にかけてるので、
早くもクシャっと和紙を潰したような見え方になってきました。
繰り返しているとこれが良いアタリや捻れを出してくれて何とも言えない独特な表情になります。

でも表記にはドライクリーニングオンリーって書かれてるから、
神経質な方は、というか普通の神経の方はクリーニング屋に持っていくことをオススメします。

そうそう、1本目のリゾルト710の丈を詰めました。
私が買ったときはL31しかなくて、ロールして履いてたんだけど、
やっぱり皆が29を履いているのが格好良くて私も29の丈にしました。

でも何ヶ月もかけて刻み込んだ裾のアタリは無くなってしまうから、
悩んではいたんだけどね。

優秀なお直し屋さんに持っていけば、
アタリを残したまま丈詰めができる「移植」ってテクニックもあったのだけど、
なんかその行為はリゾルトではやっちゃいけないっちゅーか、
あまりメイクセンスされてないような気がしたんですよ。

こちとらたかがジーパンなもんで。









Atelier 103

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室

03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / Monday


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.