--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2013.02.16.
KALI 入荷

遅くなりましたが本日二回目のブログ更新。

ヘアスタイリストとして活躍するデザイナーが完全趣味として始めたアクセサリーブランド、「KALI」をご紹介します。

LAのHENRY BEGUELINでセレクトされているのを見て、どうしても欲しかったので、
働いている友人に紹介してもらったのがきっかけで運良く取り扱いが決まりました。

第一印象は「野生」。




















アンティークの天然石やレザーを初め、様々なパーツを収集し、見ての通り全てハンドメイドで組み立てられたKALIのコレクションは完全なる一点物。

ノスタルジーでありながらもどこかアフリカンジュエリーを連想させるカラーバランスが独特です。

とにかくマリアとの相性が良過ぎた。
勿論 単体でつけてもとても雰囲気があります。
KALIは私が探していたテイストに本当にピッタリで、
完全にファンになってしまいました。

ただ、KALIがコレクションするパーツは骨董的価値が非常に高いことと、
全て本人の手仕事によるため決してお買い求めし易いプライスではありません。
ですから、あれもこれもとジャラ付けは中々難しいです。

それに彼のセンスを信頼しているため基本的にお任せで作ってもらっていることから、
中にはとんでもないパーツが組み込まれているケースも珍しくないのです。



これなんかは22金の塊が7つもぶっこまれていて、反対側にも22金のペンダントトップがぶら下がっているというぶっ壊れ使用。

今後たまにこういうのも紛れている可能性がありますから、
その時は値段を聞くだけ聞いて、
元あった場所にそっと戻しましょう。


心の奥底に眠っている野生を呼び覚ますトライバルスタイルジュエリー。

明日解禁です。





Atelier 103

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室

03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / Monday


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。