--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2013.01.22.
本日の石崎



jkt / 5569
shirt / 5569
vest / GREG LAUREN
denim / RESOLUTE (711)
stole / denis colomb
tie / vintage (gucci)


クラシックをイメージしてスタイリングしてみました。
jkt、そしてシャツをインしてデニムをロールアップ。

このスタイル自体はとても今っぽいですが、
ディテールを掘っていくとちゃんと「違和感」が残ってくれます。

作りだけでいったらクラシックとは真逆に位置するであろう5569やグレッグローレン。
そこを少しだけ見る角度を変えて料理してあげてください。
すると捉え方が変わる、ジャンルが変わる。

覚えてしまうと楽しいですよ、そういうの。

だから私なんかはLAにいるときはヨーロッパの職人的な服をまるでサーファーのようなラフさで着たいし、
逆にパリにいるときはエレナのシャツに古いGジャンを合わせたいなって。
思うんですよ。

実は上に書いたことってコーデの内容自体は変わらないんだけど、
要はどこにも属さない、完成されてない感じが好きなんですよね。

ま、いいや。笑

ちゅーか、ネクタイ可愛くない?
これは60'sのGUCCIなんだけど、
こういう古いタイはリリースするよ。
他にもプッチやサンローランもあるから楽しみにしていて。

ただ古いものだけあってけっこう太い。
この違和感を逆手に取れればいいんだけど、
難しかったときのことを考えてNYのネクタイブランドもピックアップしときました。

これは写真がないからなんともだけど、
vintageをイメージした雰囲気のあるナチュラルな素材で作られてます。
でも細かったり、カッティングにクセがあったりするから今の服とは合わせやすいんじゃないかな。

ただ、私自身あんまりネクタイってtryしたことがないから、
もしかしたらお客さんの方が色々と詳しいかも。

ま、一度見てみて。




早くs/s始まらねーかな。




<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。