2013.01.09.
経年変化

2012年、my best shoesは「SAK」のペコスブーツでした。



これは新品のとき。超ナチュラル。
ただ、古いチペワやレッドウイングを見て育ったので、
将来のツラはなんとなく予想できてたんだよ。

革靴っちゅーのは1日履いたら1日休ませる。そして雨は絶対NG。なんて決まりがあるよね。
私はあまりこういう約束を守れる方じゃないから、
guidi社製の革には相当助けられたよね。

メンテナンス不要、雨OK。何もかもが独特の風合いと個性に繋がる、最高品質の革ですから。

だからどんなに悪天候の日も、ヨーロッパでもアメリカでも、ただひたすら履きました。
これで大体4ヶ月くらい。





部屋が暗いからあれだけど、
生で見るともっと傷も入っていて、全体は濃い飴色だよ。

これはまた次の冬にオーダーしたいです。


SAKといいリゾルトといい、育てるファッションってやっぱり好きですね。
加工ものみたいに上手くダメージや色褪せはしないんだけど、
ロマンは間違いなくありますよ。
嘘がない感じ。


とかなんとか書くもんだから、
この流れはもうすぐSAKの新作が入荷するのかなって思うじゃない。
すまん、多分今年は4月くらいだね。笑


以上


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.