--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2012.08.15.
帰国

とりあえず帰国しました。
今回はなかなか自分らしいピックアップが出来たので良かったです。

この時期ってどこのお店も来年のS/Sをオーダーしてるんですけど、
2年やってみて気付いたのは、どうやら私には先読みをする能力が欠落してるんですわ。

オーダーして半年経って、届いた頃には「やっぱ違う色の方が良かったな」ってことがたまにあるんですよね。

SAKやマザーハンド等は生産上どうしても事前に頼まないと難しいんだけど、
今回アメリカでピックアップしてきたように、直接アトリエに行って何日まで滞在してるからその日までに宜しく!って方がその時一番欲しいものが手に入るんですよ。

大抵のデザイナーはすげー嫌がるんですけどね。笑
仕事よりサーフィンを優先するような人達ですから。

しばらくはこの強引なドリブルのスタンスでいこうと思います。



ただ今回、心残りだったのがオリンピックを全く見てなかったこと。

出国した日が開幕で、帰国したら終わってましたからね。

ハイライトだけベガスのBARで見てましたけど。



DVDにならねーかな。

そうそう、最終日が大変でした。
毎回アメリカでの仕事が全て終わるとベガスに行くんだけど、日に日に堕落していくんですよね。

ベガスって街全体がエンタメですから、大抵の観光客は外で遊んでるんですけど、
私はカジノと部屋を往復するだけ。
で、スロットで勝ったあぶく銭でBAR行ってまたカジノみたいな。

どんどん廃人になってくのが分かるんですよ。
なんか口数も少なくなってくし。

そして最終日にはとうとう部屋から出なくなりました。



ベッドの上でYOUTUBE見ながらスナック食べてたんだけど、
なんとこの5時間後にはフライトだったんです。

ベガスからLAの空港まで4時間半かかります。

さらにそこから手荷物検査とかありますから、
どう考えても間に合わないわけなんです。

でもそんなことどーでもよくなってて、
お客さんがメールで送ってくれた「すべらない話」を見ることにしました。

そしたら案の定、毎度の如く友人が私を車に無理矢理押し込んでくれて、超スピードで砂漠を駆け抜け、フライトには間に合いました。

あぶねーあぶねー。
もし一人だったら確実にオープンは10月でしたね。


帰って早速向かったのは新店舗。



おー、けっこう出来てきた。

にしてもけっこうライトな空間ですね。
今までは廃墟みたいなところで裸電球でしたからね。

ずっと憧れだった白い壁、スポットライトが眩しいです。

店っぽくてちょっと照れますね。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。