--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2016.12.09.
LONDON -01-

先週末は大阪へ。そしてトランクショー終了後すぐさま東京へ戻りました。
これが意外としんどかったのか、体調を崩しました。

現在お問い合わせがsketch coatに集中しておりますが、完売しており、再入荷の予定も考えていません。
Trip hatとカーディガンは少量ですがストックがございますので、
気になる方は是非見に来てください。

お店は今週日曜日まではオープンしておりますが、来週からはしばらくお休みします。
再開はうまくいけば来週末。今年最後のリリースになるんだけど、これがなかなか良い締めになりそうですよ。

さて、2017年に向けて買い付けのため今ロンドンにいます。
昨年くらいから色々考えることが多く、満足するほどの量を買い付けることが出来なくなってしまった当店。
これはまた年末に改めてお伝えしますが、ようやく、ようやく、セットリストが完成しそうです。
でもそれはまだまだ漠然と頭の中にしかないアレですから、
前回のNY同様に、とりあえずコイツじゃないかなってアーティストに会うところから始めてみましょうって感じ。

今日は空き時間にOLIVER GOLDSMITH本店に行ってみました。

L1000498.jpg

歴史あるアイウェアは本当に好きでして、中でもダントツでオリバーがNo1ですね、私にとって。
vintageも20~30本はコレクションしているんだけど、もれなく全てかけてないの。笑
カッティングといいデザインといい、何から何まで好みなのに、とにかく似合わない。
そしてこれはあまり言いたくないけど、日本人との相性が良くないんじゃないかなって。たぶん。
でも現行として復刻されているモデルはかけやすくなっていますよね。

L1000492.jpg

お店の地下には資料室。
写真は一部で、莫大な数のオリジナルヴィンテージがコレクションされているの。

これはマメ知識なんだけど、"made in England"と刻印のある現行が極一部まだ存在していて、
数年に一度日本にも超少量入ってきているんです。
GOLDSMITHファミリーお抱えの職人がハンドで製作しているラインということもあってプライスはvintageと変わらなかったりするんだけど、
それでも一向に構わないんですよ、ファンからすれば。

で、ドリームピースを前にいいねいいねってしてたら、「そんなに欲しかったら作ってあげようか?」って。
ハートビートがハートビートして「じゃあお店用にも」って欲を出したらクレア(Boss)に聞いてからだけど多分OKだって言うの。

そしてそこからスイッチが入ってもう大変。
タッチ厳禁な秘蔵コレクションをひっくり返して試着してって感じでばったばた。
あれでもねーこれでもねーってしたら、最終的にあれでもなければこれでもなかったっていう。笑
やっぱり気持ち良くはかけれなかったってこと。

お店を出たら敗者の一服。

L1000462.jpg

街はクリスマス一色。いたるところに灯されたツリー。
私は今年もマルボロだけ灯す。




<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。