--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2016.08.13.
戻る

お店に戻りました。

お店は通常営業しておりますが、気付いたらお盆ですね。
毎年この時期はアメリカなんだけど、パタパタと小さな出張が重なってるから8月末まで日本を出れそうにないんです。

それにしても身に付けたいと思える服が少ない。
年々扱うアイテムが少なくなるっていうのはある種"極み"って感じでイメージは良いけどちょっと困ってきました。
denis colombの巻物とか、いよいよ買い付けてないですからね。
でもそこを超えて初めて堪能できる新たなパッションって意味では、非常に良い買い付けは出来ているのかなって。

L9991662.jpg

そのひとつが上半期で言う所のLe Yucca'sだったと私は思います。
捉え方によってはStandardとかClassicとか、わりかし普通なワードとヴィジュアルとしてしか入ってこないかもしれません。
が、そのdeep insideに確実に存在する悪魔的魅力に気付けたのも、デニスが、エレナが、グレッグが、チェレヴィが、教えてくれたから。
経験しないと、そしてそこを越えないと、「シビい!かっけー!」ってならなかったと思うって話。

まあそれは私がだいぶ特殊なルートでファッションロードを歩んでいるからってのもあるんだけど。笑

その"越えた!"、"抜けた!"って感覚が、服にも、アクセサリーにも、時計にも、メガネにも、次シーズンは反映されていると思います。
まだ先だけど楽しみにしていて。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。