--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2016.07.03.
KARL HOFINGER -day 3-

常にアクセサリーばかり作っていることはなく、
世界のどこかの誰かがオーダーしている作品も同時進行で進められていました。

L9991525.jpg


L9991515.jpg

KARLはファッションに執着しない。
塗料が跳ねても構わない、エプロンくらいにしか思っていないから。
彼が持つ白いシャツはみな、彼の手によって同じ色にdyeされています。

L9991475.jpg

キャンバスでホワイトのコットンを使用するときも同じように染めてから、着手するのです。

L9991507.jpg

ネックレス、バッグに続き、今回シャツも製作してもらいました。
cotton 100のホワイトシャツをhand dye。
使うのはバケツと水。そしてKARL特製の大変古いインスタントのchaiにcoffee beanをミックスしたもの。
vintage chai、斬新すぎてモゲます。

L9991532.jpg
KARL HOFINGER -Hobo shirts-
material / 100% cotton
color / dry desert
size / 46
price / TBD

これは2回目のdyeが終わり、ジャングルと化した庭で乾かしているところ。まだまだ未完成。
ただ染めただけなのにどうしてだろう、こんな誰もが知ってる作業の筈なのに、神々しく、そして危険に感じてしまうのは。
さらにここからカスタムが入ります。製品はまた違って見えるでしょう。
完成次第またご紹介させてください。

私はここで帰国。お店の作業に戻ります。
次回のダイアリーは新店について。


<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。