2016.06.29.
KARL HOFINGER -day 1-

彼を知る者はみな"Artist"と呼ぶが、本人は自分の呼び名も職業も気にしていない。というか理解していない。
ときにペインターであり、ときにヘアースタイリストであり、ときにファッションデザイナーでもある。
でもそれは時間が許すときに勝手にやっているだけで、本来はブルジョワボヘミアンとして世界をバカンスしているだけ。

IMG-0013.jpg
KARL HOFINGER

数年前、知人の紹介で1度だけお店でも数点ブレスレットを買い付けたことがありました。
繊細で、でも野性味があるタッチで製作される1点モノのアクセサリーは、まさに大地の産物。とにかく凄味がありましたね。
でもその頃はまだファッション的な付け方しか知らなくて、真髄は理解出来てなかったかな。

その後KARLはイビザに行ってしまい、長らく会っていませんでしたが、
このタイミングでまたロサンゼルスを生活の拠点に選んでくれたため、長らくぶりにまとめて買い付けることに成功しました。

L9991453.jpg

まず、今回作り溜めてもらったネックレスは全買い。
KARLのhistoryが滲み漏れる放浪人の首輪。
何も狙っていないというか狙えない。己の世界以外何も知らないから。
ファッションにおける遊びみたいなものは無いけれど、代わりに"念"みたいなナニカが詰まっています。

L9991492.jpg

彼が手掛けるアート作品と並べたときに色彩や空気がオーバーラップするんですよね。
どちらもFeeling touchですから、仕上がるモノの用途が異なるだけで、そのプロセスに違いはないのです。
それは彼が髪を切るときも、ココナッツジュースを淹れてくれるときも、全部一緒。100% pure soul。

L9991497.jpg

大変古いビーズやパーツ、そしてストリングでカスタムされた首輪は全14タイプ。
詳しくは帰国してから1点1点ご紹介しますね。





<< prev.   next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.