--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2014.08.30.
2014AW 2

本日2回目の記事です。

CHRISTIAN PEAUよりlizardのシューズが到着しました。

スクリーンショット 2014-08-30 15.18.13
CHRISTIAN PEAU Lizard shoes
color / black
size / 42 , 43
price / 73,440-(in tax)

スクリーンショット 2014-08-30 15.17.55

これまでコードバンやリザード、パイソン、クロコダイル等のユニークな素材でオーダーしてきたシリーズの新作です。
数年前はトカゲの背中の革でオーダーしていましたが、今年は腹部をチョイス。
レディースのバッグでは以前より使用されていた部位でしたが、シューズの場合完成を見るまでどうなるか正直不安でした。
結果はExcellent!
ポー独自の土臭さが薄まり、その変わりエレガントでオリエンタルな要素が加わったように感じます。
そしてなにより使用する革の部位でここまで表情が変わることは発見でした。

ベースはいつもと同じクラシックな型番を使用しているためエキゾチックレザーの毒の要素がうまく中和されています。
そのため様々なスタイルへの落とし込みが可能に。
普通のジーパンに合わせてもちゃんと心地よい気持ち悪さが出ます。

そして今回はスペシャルオーダーもしていました。
「リザードで、チョークのような白い靴が欲しい」。
これは前回パリでミーティングしたときに閃いたのですが、前例が無いのと染色の際に失敗するリスクがあるためオススメ出来ないとのことでした。
それでも、リスクを承知でチャレンジすることは己を高みに導く修行ですからね。失敗覚悟でお願いすることにしたんです。

そしたら、やっぱり失敗しました。笑

上がってきたのはどっからどう見てもライトグレーで、それじゃない!って。
それで再検討することにしました。
そして以前リリースした染めていないコードバンをヒントにして、一旦染めずにまずはブリーチで色を完全に飛ばすことに。
その状態から理想のカラーへ調整していくことで、christian peau本来の行程を無視するやり方にはなりましたが結果狙い通りの表情が完成しました。

スクリーンショット 2014-08-30 15.19.17
CHRISTIAN PEAU Lizard shoes
color / chalk
size / 42 , 43
price / 81,000-(in tax)

スクリーンショット 2014-08-30 15.18.37
ソールやシューレースは染めていないためナチュラルの上からホワイトのペイントでごまか、、いや、なんでもないです。

このchalkカラーは日焼けすることで黄味が出ると思います。
そこに合わせる死にきったブルーのジーパンなんてのはいかがでしょうか。







2014.08.30.
2014AW 1

はじめに、

先日ニューメキシコのたまたまステイしたモーテルの庭の椅子で座っていると、実は2年前にもこのモーテルに泊まっていて、しかもそのときと同じ格好をしていることに気付きました。
そのとき、どうしてdenis colombでなければならないのか。
どうして501でなければ安心しないのか。
その理由がなんとなく分かりました。

多分「old hero」に強い憧れがあったんですよね。
古き時代に名を刻んだ伝説達のスタイルに。
本人は着飾ることには無頓着なんだけど、結果時代を越えてファッションアイコンにされてしまうクオリティを秘めているのです。

そこをあまり理解していないままセレクトをしてきましたが、
不思議なことにアメリカにいてもパリにいてもとにかく声をかけてもらう機会が増え、おまけに良いヒントとして受け取られることが多くなりました。
その頃から砂漠にいても、シャンゼリゼにいても、安モーテルにいても、パークハイアットにいても、自身の格好が変わらなくなったのです。

そして先日表参道を歩いているとき、
何重にも塗り固められたメイクと、装飾された洋服に身を固めた人々を沢山見ました。
そしてその中で私はひとり浮いてました。(いつものことですが)
でもじっくり考えてみるとこれがおかしな話で、白いシャツとジーパンと革靴以外何も身につけてないんですよ私は。

例えるならば、パンにバターにお肉にレタスにドレッシングにチーズにガーリックがのってるような調理された料理が注目される中、
ただの塩おむすびですからね、私は。
一番普通のやつだから。
ただ素材や産地や握ってる人が特別すぎることと、
旅する中で教わったシャツの胸元の開け方だったり、ロールアップの仕方だったり、そういう初歩の初歩に対して美学があるだけなのです。

このようなファッション以前のモノの本質や、スタイリングの基本をどこまでも掘り下げたセレクションを2014AWも展開いたします。


前置きが長くなりましたが本日より再開までの間、ニューリリースされるアイテムをご紹介させてください。

まずはensouよりヘリンボーン地の新型のシャツを。


「double brested messy shirt」
color / white , black
size / m , l
price / 未定


テーラードジャケットの襟を立てたようなカットが特徴。
これは勿論寝かせて着ても良い雰囲気ですが、messy(だらしない)とネーミングされているだけあって、あまりそこは意識せずラフに着用してもらいたいところ。


袖開きに使用されたグレーのテープ。これだけでグッと愛嬌が漂うensouらしいデザインですね。


実は急遽モデル名が変更されたこともあって初回分は旧モデル名が記載されています。ご了承ください。


写真ではよく分からないと思いますが、釦かける位置をずらせます。
要は、ボタンがフロントからずれたところにも2つ付いていて、そっちにとめることも出来るっていう。
コンセプトがとにかく着崩すことですからね。ボタンを掛け違えたようなちょっぴりお茶目なウッカリ感を演出できる計算高いシャツに仕上がりました。

でも生地がヘリンボーンだったり、ロイヤルな襟のカットだったりで結果お茶目とは程遠いクオリティですが。





例えばリボンタンクトップとレイヤードさせて胸元をガッツリ開けて着て、その上からジャケットってのも格好良さそうです。



明日も書きます。








2014.08.26.
9月6日?

営業再開日はこのまま予定通りにいけば9/6(土)になりそうです。

現在秋冬のアイテムが少しずつ到着しています。どれも良い感じですよ。
そして立ち上がりと同時に販売することが決まったensouからは新作のシャツやアウター、そして間に合えばドンキージーパンがリリースされます。
どのアイテムもスタイリングのコアになるクオリティがあるので、これからご紹介していくブログをチェックしてみてください。

さらにdenis colombのカシミア。
デザインは年々遊び心が薄れ、品質は勿論デザインに至っても非の打ち所がないラグジー&リラックスに仕上がっています。

この辺りも再開までにご紹介します。
お楽しみに。






2014.08.22.
壊れる

さて残すところ今週末(日まで)の営業を最後にまたしばらくお休みさせていただきます。
LIBERTINEも少なくなりましたので気になる方は見に来てください。

それからA/Wについてや、まだまだ書きたかったアメリカダイアリーなど、今週ブログに掲載する予定でしたがなんとパソコンが壊れました。
これから修理に出してってなるといつ返ってくるか分からないので今晩新しいのを買いに行こうと思います。

さらにお店のドアも壊れてしまい最悪です。

少々お待ちください。




2014.08.17.
今週は営業します

24日(日)まで通常営業に戻ります。
ただし19日(火)はお休みいたします。

さて、盆中にも関わらず突如登場したLIBERTINE。
ご好評いただいております。ありがとうございます。

ただやはりプライスがネックで断念される方も続出。
真顔で「たけーよ」と。
こればかりはどうにもなりません。ごめんなさい。

現在のストック状況をお知らせします。
"skeleton"はSサイズが一点のみです。
"Horn"もSサイズが一点のみです。
この2タイプに人気が集中したため他タイプはまだストックが御座います。

気になる方は見に来てください。

skeletonは掲載しなかったにも関わらず、その名称から予測できた方も多かったみたいです。
当時を知るファンからすれば思わずニヤリなデザインですよね。
見る角度によってはとても安直なデザイン。
しかし見る者によってはそれはそれは重たく捉えてしまう感慨深いアイコン。

これは流石にデザイナーには失礼かもしれませんが、今回の企画は棺桶から無理矢理引っ張ってきた最早ゾンビ化したコレクションです。

この復活劇に感動しているというより、なんだか幻でも見ているような不思議な眼差しでチェックされるお客さんが多かったですね。
そしてそれを仕入れた私自身も、良くも悪くも今回の企画は"禁じ手"だったような気がしてます。

あの頃は良かったとか、あの時代にはあんなクレイジーな奴がいたとか、
そういうレジェンドのまま幕が下りてる場合、今さらそれを掘り起こす理由は無いと言えば無いですからね。

でも、そういう絶対的ヒーローを必要としている現在のシーンに対しては、この上ないサプライズだったのではないでしょうか。

兎にも角にもヴィジュアルとして完成されたデザインですので、薀蓄は後にまずはスタイリングを楽しんでください。





Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com






next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。