--.--.--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2014.02.28.
paris 3

パリに来て3日目、まだ特に仕事はしてません。

暇だったからひと通りセレクトショップはまわってみたものの、衝撃を受けるアイテムは特に無し。
いや、良いものは沢山あるのだろうけど、世界中の店がみんな同じもの入れてますからね。新鮮さに欠けるっていうか、やる気あんのかなって。感動が無い。
そのうちランウェイに赤ふんどし一枚で乱入する人とか現れないか心配です。「つまらんち!」って。

今晩は日本のゲーム仲間と食事とゲームに行ってきました。



ストリートファイターシリーズを15年プレイしている大先輩。ま、俺の方が強いけど。

そうそう、今回ステイしてるホテルがけっこうキテます。





一見よくある格安ホテル。
私が宿に求めるのは"ベッド"と"お湯"のみ。
この2点さえクリアしてれば満足なんだけど、ここはシャワーに難あり。
5秒くらいお湯がでてその後2秒冷水がでます。その繰り返し。そんで10分くらい使ってると完全に冷水しかでなくなるっていうエクストリームモード。
これはけっこうツライ。

あとあとすごいのがもうひとつ。
ネットで予約をした際のホテル名と、看板に書かれてるホテル名が違うっていう。笑
これは新しい戦略かなんかですかね?正気の沙汰とは思えないスタイルですが、フロントのバイトの姉ちゃんが可愛いから全て許す。


明日から本格的に仕入れが始まります。レポートしますね。













2014.02.26.
paris 2

何をどう間違えたのか、カレンダーを勘違いしていて2日程早く着いてしまいました。
マークの受注のことだったりでバタバタしてましたからね、そりゃ間違えるわ。いや、ないか。笑


昨晩はパラワンのJeanを誘ってゲーセンに行ってきました。
腕に覚えのあるプレイヤーがフランス中から集まるゲーセンとだけあってレベルは高め。
そして多くの人が多分無職。
ただし無職でもそこはやっぱり外人。すげー明るい。
いやいや、ダメだよダメ。ニートでハッピーじゃダメでしょ。働いてください。

あと悲しい知らせがあって、ここのゲーセンは4月で閉店する予定なんだって。
たしかに今のゲームってわざわざゲーセンに行かなくても、自宅にいながら世界中のプレイヤーと24時間遊べますからね。
ゲーセンに行く価値って?ってなりますよほんと。そりゃ潰れてもおかしい話じゃない。

様々な点でオンラインゲームはたしかに面白い。
"ネトゲ廃人"って言葉もあるくらいですからね。(昔一瞬なりかけた)
人をここまで虜にする歪んだ魅力を持ったカルチャーはこの瞬間もマーケットを絶賛侵略中。

ただ、私のようなold soulの持ち主からすると、なんだかなって感じもありますよ。
実際に人が見えるところで、殺伐とした雰囲気の中で、ゲームしたいんですよね、私は。
"灰皿ソニック"とか知ってますか?
対面台に座ってるプレイヤーがキレると灰皿投げてきたりしたんですよ、昔は。
まさに一瞬即発。これぞアンダーグラウンドな大人。(ただし見た目はヲタ)

ま、実際はダラダラやりながら顔馴染みのプレイヤーとダラダラ話してるみたいな感じですけどね。

そのネトゲってやつが主流になった今、日本のゲーセンはバタバタ潰れています。最近だと渋谷のスポランや渋館も閉店。
プレイヤーは家庭用オンラインに確実に流れていってます。

ここで現場(ゲーセン)はもっと工夫して営業する必要がありますが、多分、諦めてますね、経営者は。

でもこれはゲームを製作するサイドにも問題がありますよ。
コンシューマとアーケード、どこかで差別化しなきゃ。
今の流れだとコンシューマの劣化版がアーケード。おかしいでしょ。
もうそれかいっそ全く別物にしちゃうか?ゲームはゲームでも全く違う娯楽。そう、それだわ多分。
今一度"アーケードとは"について考えてもらいたい。メーカーには。

とか言いながらプレステ4を発売日に買ってるやつが言うなよって聞こえてきそうですが勘違いしないでください。
プレステはあくまでも実戦(ゲーセン)のための練習道具。ネットは勿論遮断。ストイックだろ?

とにかくだな、私は怒ってる。
顔の見えないプレイヤー同士が家でのうのうとプレイするだけの馴れ合いはもうやめようや。
テメーの100円に全てをかけた、ヤるかヤられるかの戦場なんだよ、ゲームって。


以上、パリ初日のレポでした!















2014.02.25.
Paris 1

本日よりしばらくパリへ。
この時期はコレクションシーズンとだけあって、世界中からその筋のトップが集まる大イベント。

でも私にとっては少し意味が違います。
というのも、大学を卒業した女子が旅行でパリを訪れている時期でもあるので、なんとかうまいこと、うまい話がないかなって毎度毎度 期待しているイベントでもあるからです。
服を仕入れるつもりがJD釣れたったwwwって、スレが立ったら多分私のこと。

うそうそ。笑
ま、行ってきます。









2014.02.23.
買ったった




jacket / himel brothers
cardigan / denis colomb
shirt / denis colomb

with

PS4




2014.02.20.
2/24より暫くお休み

買い付けのため2/24よりしばらくの間お休みとさせていただきます。

今回はパリにて2014A/Wの買い付けがメインです。早えー。
この時期は東京でも展示会が多く開催されているみたいですね。

正直な話、日本のファッションデザインにはあまり興味が無いんだけど、
極稀に、日本人でありながらも言ってることとやってることが外国の職人化してしまってるアーティストってのがいるんですよね。

最近だとcrooked tailorやensouがそうでしたね。
あんたなんで日本にいるの?って。

どこまでもシリアスに、そしてマイペースにならないと形成されないクリエイションだから、「世の中銭じゃい銭!」で超速展開される日本のファッションシーンでは活動が難しい。

だから私のような自堕落者がやってる店っていうか家じゃないと日本での発表の場ってのは作りにくいはず。
適当にやってくれ。俺も適当にやってるから。これが私とブランドとの絆。







Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com




next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.
まとめ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。