2014.10.01.
paris 6

本日2回目のブログです。

denis colombのショールームへ。



アイリッシュリネンシャツやビーチショールを初めとするレジャーコレクションは来年も良い感じでした。
カラーサンプルを手にデザイナーと相談しながらオーダー。

昔アメリカで始めて買った頃のデザインを彷彿とさせるコレクションはグッときました。

まだまだ先の話ですが夏を迎えるのが今から楽しみです。


本日の石崎

jacket / ensou
shirt / ensou
denim / vintage
shoes / GUIDI & ROSELLINI
bag / coming soon

朝は涼しいですが日中は暑いです。
本当はデニスの大理石セーターとロゼリーニのペコスを合わせるのが楽しみだったのですが恐らく死ぬなと。










2014.09.30.
Paris 5

今週末(土)にリリースされますGREG LAURENをご紹介します。

スクリーンショット 2014-09-30 19.29.05
今回は定番の"studio shirt"をメインに買い付けしましたが、数はかなり少なめです。
というのも今回は実験的な試みをしてみたからです。

これまでサイズは"1"より下は買い付けてませんでしたが、今回は日本人向けとして作られた"0"をオーダーしました。
サイズ0は前々から存在は知ってはいました。でもどうしてもトップスとして着用する場合は0だと日本人にはジャストフィットで、私が提案したいサイズバランスとは異なることからこれまでパスしてきたのです。

ただこの時期になるとひとつだけ問題がありました。
セーターだったりアウターだったり、何か上に着ようとすると物によっては収まりが悪いんですよね。中がモタついてしまって。

だから今回の"0"はインナーとしても着用可能なサイズとしてトライオーダーしました。

もちろん一枚でも着用したい私は、このサイズ0はあくまでも"狙い"として成立させるため、襟のカッティングを工夫しました。
要は"ドレス襟"にすることで、逆にある程度タイトでないとこのシャツ自体が成立しないように、辻褄が合うように作り変えてもらいました。
我ながらこの発想には痺れました。


スクリーンショット 2014-09-30 19.27.49

スクリーンショット 2014-09-30 19.41.09


スクリーンショット 2014-09-30 19.28.49



スクリーンショット 2014-09-30 19.27.31



シャープなサイズ感。そしてドレス襟が映えるフォーマルカラーをセレクト。
salジャケットにもハマるんじゃないでしょうか。


アウターは古着を解体再構築したヒッコリージャケットをオーダー。
やはりGregが手掛けることでベースが古着でも上品さは増しますが、このモデルに関してはまだまだワークな印象が強いです。
清涼感を少しだけ意識してスタイルを組んでみてください。


またすぐにブログを書きます。








2014.09.30.
paris 4

今回はHigh and Seekの夏川と来ていて、ある程度行動を共にしています。
だから今までは立ち寄らなかったレディースブランドが見れたりなかなか楽しいです。

でも円滑にはいかないもんですね。

私もそうですが彼女は好きな物がはっきりし過ぎているため、1つのブランドを満遍なくオーダーすることが出来ません。
完全に自身の買い物と化したオーダー内容はデザイナーを混乱させます。

さらに二人とも名刺を持たないので全く信用されないんです。
どこの馬の骨か分からないからweb siteを教えてほしいって言われても「無い」。
終いにはショールームを追い出されたりもしました。


お、ensouのレディース着てる。

そういえば面白いことがありました。
オペラシアターの前でおじさんが「急用で観れなくなったからチケットをやるよ!」って貰ったんですよ。
聖地でありながらこういう場所には立ち寄ったことが今まで無かったっていうかそもそも興味が無かったので困りましたが、そのチケットには150ユーロって記載してありました。
単純な私は「ストーンズより高いじゃん」ってことで入場することに。



うん、ガチなやつだったっぽい。
でもどう楽しむのか分からなくてすぐ帰りました。

このあと帰国後リリースするグレッグローレンをご紹介させてください。












2014.09.29.
paris 3

「ブーツカットは来年くる」と予測してましたがこのコレクションシーズンでの着用者はどうやら皆無。ひとりフラワーチルドレンと化した私はちょっぴり恥ずかしかったです。
特に「これぞアルチザン!」って雰囲気のブランドが集まるショールームエリアでは罰ゲームのようでした。


でも何故かコインランドリーでは馴染むっていう。
どうしても外国製の乾燥機でまわしたくてこの日501をバッグに忍ばせていたのです。
オーダーで忙しい夏川をよそにきっちり乾燥50分。

そして本日からパリ入りしたensouと食事のため待ち合わせ場所へ。

ん?何かすげー奴がくる。
デニムonデニムにレペット(しかも偽)。
まじっすか。

来る場所をサンフランシスコと間違えてないかな。笑





2014.09.28.
paris 2

展示会をまわっていると、


ロゼリーニ発見。

実は数日前に当店で買ってくれたお客さんでした。
展示会でパリに来ているんだって。
すごく気に入ってもらっていて、もうすでに味り始めてましたね。格好良い。

こちらのタイプは店頭にまだあと1足だけご用意があるので、気になる方はトライしてみてください。









next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.