2014.09.19.
2014AW 12

本日3度目のブログです。

お問い合わせの多いperoについて書かせてください。

スクリーンショット 2014-09-19 19.14.18

pero
material / 50%pashmina 50%wool
size / 38
price / 45,360-(in tax)

お取り扱いを始めて4シーズン目を迎えるperoは、写真の通り当たりですね。
これまで様々なテーマに沿ってコレクションを展開してきましたが、どのシーズンもとにかくクセが強く、着用者、スタイリングを限定させてきました。
しかし今作はどことなくグランジであったりナードであったり、日本でも馴染みのあるエッセンスが詰まったコレクションに仕上がっています。

スクリーンショット 2014-09-19 19.14.43
ハンドならではの愛嬌のあるディテールにもご注目ください。

着用する中で破損しても、その辺にある布でラフにカスタムしたくなるような、あくまで雰囲気重視でお楽しみいただきたいです。






Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com






2014.09.19.
2014AW 11

本日2回目のブログです。

"Donkey ride trouser"が明日のリリースに間に合いました。
さっそくご紹介したいところですが明日の準備やらなんやらでまだ写真をとってません。
なので明日オープン前までにはブログにアップするので今しばらくお待ちください。

スクリーンショット 2014-09-19 18.56.58
shirt / pero
shirt / ensou
tanktop / ensou
pants / Donkey ride trouser
shoes / GUIDI & ROSELLINI


今夜中にまたブログを書きます。





Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com





2014.09.19.
2014AW 10

イタリアよりGUIDI & ROSELLINIが到着しました。
明日(土)よりリリースいたします。

スクリーンショット 2014-09-19 14.23.50

前回はロゼリーニの歴史の中でも後期に発表され、後に展開されるGUIDIでもそのデザインを取り入れられていた所謂定番を2型リリースしました。
肉を手で削いだだけの裏革は、よくあるスエードとは一線を画すルックスであり、その経年変化がもたらす味に関しても老舗の貫禄を感じさせる一流の仕上がりに。
しかしそこには最早皆の知っているGUIDIの姿はどこにもなく、当店ではその時代を知る一部のマニアにウケただけっていう。笑

AWは、前作よりもさらに古い時代に製作されていたモデルを買い付けました。
ご紹介します。

スクリーンショット 2014-09-19 14.23.23
Giovanni 1841
leather / vacchetta reverse
sole / fondo vibram art. 1149
size / 40 , 41 , 42
price / 139,320-(in tax)

写真は私が5日間着用したものになります。
現代で作られているようなシャープでドレスに昇華させたシルエットとはまるで真逆。
ぼってり、そして重たい。履き皺が出る前はまるで築地で履く長靴のようでした。

スクリーンショット 2014-09-19 14.23.02
右が新品です。たった数日でこの違い。
将来が楽しみですね。
カシミアのような繊細な素材や静かなるギミック溢れる洋服を”アメカジ”というド安直なベールが掻き消してくれます。
それが私にとってはクラプトン感であり、世間でいうダッズスタイルであり、兎にも角にも貫禄に直結。

続きましてこちら。
スクリーンショット 2014-09-19 14.24.08
Lorenzo 1837
leather / vacchetta reverse
sole / fondo vibram art. 1149
size / 40 , 41
price / 139,320-(in tax)

脱ぎ履きがとにかくしんどそうなのはさておき、パンツの裾からのぞく切り返しが格好良いです。
Giovanniと比べアスレチックの要素が強いため是非otaのトラウザーと合わせていただきたいですね。例えばトップスにエレナのシャツやジャケットを合わせるなど、なるべくデリケートな雰囲気のアイテムで帳尻合わせすることをおすすめします。

スクリーンショット 2014-09-19 14.24.28

最後に、ロゼリーニは元々はハンティングやトレッキングを目的に開発されたギア。要は道具であって、ファッションとしての機能は持っていません。
それでも何故魅力に感じ、スタイルに取り入れたくなるのか。

例えばコンマ一秒を争う世界で使用されることを目的に研究そして開発された自転車や車や将又スニーカーが美しいと思ったことはありませんか?
装飾美とは異なる感覚。すなわちプロダクトデザインの美しさ。
これなんですよねきっと。

10年前、当時monoマガジンに影響を受けてひたすらコレクションしたニューバランス576。
何故かこのときの感覚とダブるんですよね、ロゼリーニを履く感覚って。


本日中にまたブログを書きます。





Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com






2014.09.17.
2014AW 9

本日は20日(土)にリリースされるdenis colombのカシミアセーターとカーディガンをご紹介します。

立ち上がり日には間に合わなかったので、どうなっちゃうのかなって心配はしていたのですが無事少しの遅れで済みました。
完成までに時間を要してしまうのも、手編みだから仕方がない。

スクリーンショット 2014-09-17 16.51.21
Hand Knit Sweater
material / 100% Cashmere (4 ply)
color / coffee + ivory
size / xs
price / 135,000-(in tax)

ヒマラヤンカシミアを1枚1枚手編みで製作する、気が気じゃないシリーズが今年もやって参りました。
2年前はクルーネック、昨年はカーディガンをオーダーしましたが今年は欲張って両方買い付けました。
しっとり肉厚な生地は至極の贅沢を感じさせますが、でも実際作ってるものはどこにでもあるような普通のセーターとカーディガンなんですよね。
そして「破れたら縫え」と親切なのかバカにしているのかタグにカシミアの糸が付属されています。

随分と挑戦的なアイテムではありますが、分かっての通りこういうのが好きなんだよね。


スクリーンショット 2014-09-17 16.51.45
コーヒー&アイボリー。
数あるカラーサンプルの中から選んだこちらのカラーは一目見て「大理石!これだわ!」ってすぐに決まりました。
編み目もハンドならではの不均一な表情がお気に入りです。


スクリーンショット 2014-09-17 16.50.54
Hand Knit Cardigan
material / 100 Cashmere (4ply)
color / dark coffee
size / xs
price / 135,000-(in tax)

カーディガンはあくまで”ビートニク”に着たいなと思って色を決めました。
例えばブーツカットだとか、そういう角が立つアイテムって捉え方一つですぐアウトになってスタイリングで使うことが難しいじゃないですか。でもそのアウトな捉え方を排除し、新鮮なスタイルを教えてくれるんじゃないかなって。
それが私にとってはジャックケルアックのようなビートニク最盛期の文学家のスタイルなのです。
ビートニクで文学家?知らない人からすれば響きがなんとなく格好良さげですが、全くモテませんので興味が無いにこしたことありません。



スクリーンショット 2014-09-17 16.49.00
sweater / denis colomb
shirt / ensou
pants / Donkey ride trouser

セーター、白シャツ、褪せたジーパン。一番普通というか、むしろダサい奴のスタイル。
トラディショナルに忠実に。いや、ママの教えに忠実に。

でもこれが一番アナーキーに見られてしまうのも事実。






Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com









2014.09.15.
2014AW 8

ensou、denis colomb、christian peauでスタートしたAWですが、あれからまたアイテムが到着してきています。
それらは20日(土)よりリリースする予定なので、それまでいくつかの記事に分けてご紹介させてください。

本日は「pero」。
半年前のブログでも少し触れていたように、
スクリーンショット 2014-03-03 0.47.51
”当たり”の匂いを漂わせていますね。

素材はwool & pashmina。(表記は100% woolになります)
パシュミナの定義は正直曖昧ですが、カシミアより軽くて保温性に優れています。
素材は勿論スペシャルな方が良いにきまっていますが、それよりもこのチェックパターンが我々を唸らせるのではないでしょうか。

探せばどこでもすぐに見つかるバッファローチェックやギンガムチェック。でもそういうeasyで安直な柄程一番難易度が高いっていう。
まず注意したいのは色のトーン。
赤は赤でも星条旗レッドじゃなくてフェラーリレッドじゃないとパリで着れないし、何を狙うか好みの問題にもよりますがクタってる物ほど品良く見せたいじゃないですか。
でも色だけではなくて、ボタンや襟の形のディテールひとつとっても絶対にモードとリンクしていないとスタイルが組めないのです。そこまで突き詰めていないと「ただのネルシャツ着てるだけです」って言えないんですよ。

世間での間口が広いデザイン程とことんチョイスが無くなってくる私にとって、peroのような絵本の超表面だけをなぞった安直さと、でも作り方は狂気なんです私達っていう帳尻の合わせ方はフィットするんですよね。

スクリーンショット 2014-09-15 16.15.39


スクリーンショット 2014-09-15 16.15.13


スクリーンショット 2014-09-15 16.16.01

手作りならではの温もりと、実はソリッドなカラートーンと、メルヘンでありイノセントであり、でもやっぱりアクセルローズな只のネルシャツ感。

明日は詳しいディテールの特徴や全モデルをご紹介します。






Atelier 103

open / 12:00
close / 19:00
定休日 / 2014年より火曜日になりました

東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302号室
03-6434-1314
atelier103.info@gmail.com






next >>


Copyright © Atelier 103   Allrights Reserved.